Ubuntu 14.04 日本語リミックス インストールメモ #2

Ubuntu 14.04 インストールメモ

前回の記事の続きです。

gedit の文字化け対策

以下のコマンドを入力。

設定(行番号の表示とか)もしておく。

ホームディレクトリの日本語フォルダ対策

続きにするほどでもなかった…

Ubuntu 14.04 日本語リミックス インストールメモ #1

Ubuntu 14.04 インストールメモ

Yosemite 上の VMware Fusion に Ubuntu 14.04 日本語リミックスをインストール・設定したのでメモ。

インストール

ハードディスクは 20GB のままにしたのでちょっと不安。LVM にしたのでなんとかなるだろうと。キーボードレイアウトを「日本語(Macintosh)」にした。あとは普通?

VMware Tools

このところ、ホストとの共有に問題があったけど、Ubuntu 14.04.02 vmhgfs compile failure (VMwareTools-9.9.2-2496486)という記事を見つけて対応。要約すると、

VMware Tools の tar.gz を展開する
いつもは /tmp に展開していた
書き換えるファイルを解凍する
いつもは /tmp に解凍していたが、カーネルの更新後に再インストールが必要になるので、とっておける場所に解凍。
ファイルを書き換える
./vmware-tools-distrib/lib/modules/source/ に移動して、tar xf vmhgfs.tar を実行。sudo vi ./vmhgfs-only/inode.c で編集する。「d_alias」を「d_u.d_alias」に置き換える。vi での置換は「:%s/d_alias/d_u.d_alias/g」となる。
vmhgfs.tar をつくり直す
rm vmhgfs.tar して、tar cf vmhgfs.tar ./vmhgfs-only する。
VMware Tools をつくる

vmware-tools-distrib に戻って、sudo ./vmware-install.pl -d する。d オプションはデフォルト値を使うオプション。とりあえず、再起動して終わり。

caps キーの問題

.Xmodmap をつくる。

ところが読み込まれない。xmodmap ~/.Xmodmap すると読み込まれるが、毎回やるのはいや。gnome-session-properties を使って、ログイン時に xmodmap ~/.Xmodmap されるようにする。

日本語入力と直接入力の切り替え方を変更

現在の入力メソッドの設定を選択。全体の設定タブで「拡張オプションの表示」をオンにして、「入力メソッドをオンに」「入力メソッドをオフに」に「かな」キーと「英数」キーを指定。
あと日本語入力中もスペースバーは「半角スペース」が入るようにしておく。

vim

とりあえず vim を入れる。sudo apt-get update して、sudo apt-get upgrade と sudo apt-get dist-upgrade しておく。
sudo apt-get install vim-nox で入れる。

Mavericks に Eclipse をインストールする

まず、Eclipse 本体を入れる。

Eclipse のダウンロードページ
http://www.eclipse.org/downloads/

今回は PHP の開発なので、Eclipse Kepler (4.3.x) の Standard をダウンロードして、~/Applications/ に展開(こんなフォルダ、いつからできたんだろう?)。

とりあえず、起動して確認。GateKeeper でひっかかる。なにかキーを押しながら起動してって方法があったと思うけれど見つからず。とりあえず「セキュリティとプライバシー」の設定を変更して起動。起動したら、もとに戻しておく。

次に PDT を入れる。
[Help] > [Install New Software…] を選択。開かれた Install ダイアログの Work with で、

Kepler – http://download.eclipse.org/releases/kepler

を選択。リストから、

PHP Development Tools (PDT)

を選択して Next ボタンで進む。内容を確認して、ライセンスを受け入れて、と進む。

とりあえず。

Cyrus sasld testsaslauthd connect() : No such file or directory 0

connect() : No such file or directory 0

こんなエラーが出た。
以下の感じで。

# cd /var/run.
# mv saslauthd saslauthd.bak
# ln -s /var/spool/postfix/var/run/saslauthd /var/run/saslauthd
# service saslauthd restart

直った。

python で xmpp サーバ(ejabberd)に接続

python で python-xmpp と python-dns を入れておく。

で、とりあえず試してみた。

送れた。嬉しい。

wheezy に VMware tools のインストール

# apt-get install binutils cpp gcc make psmisc linux-headers-$(uname -r)

で必要なものを入れておく。
ホスト側で VMware tools の CD を入れておいて、

# mount /dev/cdrom /mnt/

でマウント。

# tar -C /tmp -zxvf /mnt/VMwareTools-8.3.2-257589.tar.gz

で /tmp に解凍。

# umount /mnt

CD をアンマウントする。

# /tmp/vmware-tools-distrib/vmware-install.pl –default

設定はデフォルト。
しなくても良いのかもしれないが、初期状態なので念のため再起動。

# reboot

iPhone 上の PDF や画像ファイルを Mac で見る : Air Projector / Qrayon, LLC.

Android の GCM を調べている途中でこんなものを見つけました。iPhone に入っている PDF や画像ファイルを Mac などに表示させるためのアプリ Air Projector です。Qrayon という会社がつくっているようです。

Leave the VGA dongle at home! Project PDFs and photos directly over WiFi. とあるので、どんな仕組みなんだろうと思ったのですが、iPhone 上で http サーバを動かし、Mac からブラウザを使って見るという感じですね。

なんかすごいことをやっているのかと思いましたが、そうでもなかった。(笑)
でも、ちゃんと実装して公開するってのがすごいですね。

iPhone”Hoge”にインストールされている App を…

iPhone を同期しようとしたら、こんなメッセージが出ました。

iPhone”Hoge”にインストールされている App を判断できないため、iPhone に App を同期できません。

警告ダイアログ #1

警告ダイアログ #1

なんじゃろか?これは?
で、OK をクリックすると引き続き以下のダイアログが。

警告ダイアログ #2

警告ダイアログ #2

iPhone と iTUnes を再起動したら、同期できるようになりました。原因(トリガー)は不明です。

vim を Debian wheezy に入れないとキツい

# apt-get install vim-nox
# update-alternatives –config editor

これがなきゃイカんですよ。

Debian wheezy で時間合わせ

# apt-get install ntp ntpdate

で、一旦止める。

# /etc/init.d/ntp stop

時間合わせ。

# ntpdate ntp.nict.jp

設定ファイル書き換え。

# vi /etc/ntp.conf

#server 0.debian.pool.ntp.org iburst
#server 1.debian.pool.ntp.org iburst
#server 2.debian.pool.ntp.org iburst
#server 3.debian.pool.ntp.org iburst
pool ntp.nict.jp

で、

# /etc/init.d/ntp start

確認は。

# ntpq- p

で。